KUROJIIBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊戯道

俄か遊戯王カードコレクターです(苦笑)。遊戯王OCGとRPGツクールMVについて、勝手気ままに書き綴るブログです。新パック開封記事やレアカードの紹介、自作ゲームの進捗状況を主に書き綴っています。

第20話:『レイジング・テンペスト』開封の儀

遊戯王

ゴタゴタしていて一日遅れてしまったが、ついにこの日が来た!

昨日10月8日こそ、

 

『レイジング・テンペスト』発売日!!

 

筆者も全国の決闘者諸君に負けじと3箱買ってきたぞ! 巷では次々と開封情報がアップされているようだし、早速開けていこうではないか!

ちなみに今回のパックで筆者が狙っているカードは、ズバリ!

 

『おろかな副葬』!!

 

これっきゃないね。

このカードは『The Dark Side Of Dimensions』で登場した藍神くんの仕様カード『方界』シリーズと非常に相性がよく、このカードか『流星方界器デューザ』のどちらかがあれば初動がメチャクチャ安定するので、方界スキーな筆者にとっては垂涎のカードなわけだ。

理想はシークレットだが、筆者の乏しいリアルラックでそんなものが当たるわけがないので、とりあえず3箱すべてに1枚ずつ入っていれば勝利とさせて頂こう。

他のカードで気になるのは『影のデッキ破壊ウィルス』と『煉獄の狂宴』、『十二獣ブルホーン』くらいかな。正直、『十二獣』に興味はないが、世間的な注目が集まっており、けっこうお高くなりそうなので欲しいという程度。デッキを組む気はまったくござらん。

ぶっちゃけ、『おろかな副葬』以外はどうでもいい。『おろかな副葬』さえ当たれば筆者は救われるのだ。

さぁ、いざ開けん! レイジング・テンペストォォォォォォォ!!

 

★1箱目

①スーパーレア

 

f:id:kurojii:20161009214820j:plain

 

『おろかな副葬』キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

 それだけで感無量だが、『影のデッキ破壊ウィルス』と『十二獣』が2枚。素晴らしい。初戦は完勝ですな。

 

ウルトラレア

 

f:id:kurojii:20161009214915j:plain

 

『古代の機械混沌巨人』が当たったのが唯一の救い。他2枚はまったく興味なく、完全なハズレ。

 

③アルティメット&シークレットレア

 

f:id:kurojii:20161009215003j:plain

 

いつも思うが、真竜王さん、あなたは頂けぬ……。こいつにシークレットを取られるのは冗談抜きで痛い……。アルティメットが『十二獣』だったのが唯一の救いか。これがなかったら吐血するしかないですな……。

 

★2箱目

①スーパーレア

 

f:id:kurojii:20161009215045j:plain

 

2枚目の『おろかな埋葬』キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

カーディアン以外は1箱目と同じ組み合わせ。十分すぎるほどの勝利。スーパーレアはいい感じに出てくれてるなぁ。

 

ウルトラレア

 

f:id:kurojii:20161009215129j:plain

 

『十二獣』が救いだが、どう考えてもハズレとしか思えないのは筆者だけか?

 

③アルティメット&シークレットレア

 

f:id:kurojii:20161009215150j:plain

 

これ以上ないハズレ……。何も語りたくないです、はい……。

 

★3箱目

①スーパーレア

 

f:id:kurojii:20161009215212j:plain

 

『おろかな副葬』皆勤賞!!

 

感無量です。『十二獣』も入ってるし、言うことなし。スーパーはいいんだよなぁ、スーパーは……。

 

ウルトラレア

 

f:id:kurojii:20161009215250j:plain

 

『十二獣ドランシア』が……と言いたいところだが、やっぱり『十二獣』にそれほど魅力を感じないし、全部ハズレでいいデス、ハズレで。

 

③アルティメット&シークレットレア

 

f:id:kurojii:20161009215331j:plain

 

『影のデッキ破壊ウィルス』のシクキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

おろかな埋葬』だったらどんなによかったかと思ったが、贅沢は言ってられぬ。最後の箱でようやくアタリが来て、ホッと一安心。これがクリストロンだったら完全に発狂コースだったが、筆者の闇の心を察したのか、ウルトラの方に行ってくれたようです。

 

以上、『レイジング・テンペスト』開封の儀でござった。

ハズレシークレットのせいで『おろかな副葬』が3枚当たったにもかかわらず敗北感がハンパないが、一応筆者の目論見通りに出てくれたので良しとしておこう。

皆さんの開封結果はいかがだっただろうか?

皆さんの手に『おろかな副葬』のシークレットが舞い降りることを祈りつつ、今回はここで終わらせて頂こう。

それではまた、次の記事でお会いしよう。