KUROJIIBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊戯道

俄か遊戯王カードコレクターです(苦笑)。遊戯王OCGとRPGツクールMVについて、勝手気ままに書き綴るブログです。新パック開封記事やレアカードの紹介、自作ゲームの進捗状況を主に書き綴っています。

第16話:幻想の見習い魔導師さん、6枚確保

遊戯王

Vジャンプの発売が平日じゃなければ、朝一に書店に並んで手に入れるところだったが、幸いにも筆者が生息する地域は純然たるド田舎(ドは言い過ぎか)。発売日当日の仕事帰りに近くの書店に寄ったところ、

 

5冊も残ってやがりました。

 

何となく大丈夫な気がしていたが、見事に予感的中。迷わず最後の5冊を買い占めましたとさ。定期購読分を併せ、計6冊ゲットしたことに。ただ、

 

ブラマジデッキ、作ってないんだけどネ。

 

『ザ・ダーク・イリュージョン』は3箱くらい買ったが、けっこうなバラつきがあって、師匠のパーツが集まらなかったんだよねぇ……。キーカードの『黒の魔導陣』とかスーパーレアで800円前後、シークレットだと1500円前後と地味に高く、手が出ないわけではないが、何となく手が出せないという意味不明な金縛り状態に遭っている状況……。うーむ……。

ただ、『青眼の亜白龍』のように単体で強力な『ブラック・マジシャン』の亜種的カードが出てくれれば本格的に集めようと思うのだが、武藤遊戯KONAMIさんに嫌われているのか、そういう強力なカードをプレゼントしてもらっていないので、イマイチ食指が動かないというのが正直なところである。

ていうか、ですね。

 

主人公の扱い、ひどくネ?

 

ライバルの海馬さんはどんどん強力なカードが与えられた挙句、2016年の世界大会で見事優勝を飾るまでに強化されちまってるのだが、遊戯さんが活躍されたという情報は終ぞ聞かず……。何という差別。

個人的に映画特典のマハードさんにかなりの期待を寄せていたのだが、闇属性限定の強化マジシャンという悲しい仕様に相成ってしまい、ライバルの『青眼の白龍』(光属性)には一切通用しないダメダメっぷり。どうしてこうなった……。

まぁ、劇中でもほとんど社長が主人公のような展開でしたがネ……。一応、最後の最後で遊戯が主人公!的なシーンがあったが、結局は闇遊戯が美味しいとこ取りしちゃったって感じでしたしのう(個人的に闇遊戯が一番好きなので、最後の展開は良かったが)。なんだかんだで、全体的に遊戯が不遇と思ってしまうのは筆者だけだろうか……?

とまぁ、前置きはこれくらいにして肝心のVジャンプ11月号の目玉カードを紹介しよう(今更感満載)。

カード画像はこちら。

 

f:id:kurojii:20160924105424j:plain

かわゆい。

 

文句なしのかわいさ。見た目の時点で感無量だが、能力も強い。

 

①このカードは手札を1枚捨てて、手札から特殊召喚できる。

 

墓地肥やしと中級モンスター召喚が同時にできる優秀な能力。捨てる手札に制限がなく、簡単に星6モンスターを場に出せるのが素晴らしい。ランク6のエクシーズに繋げやすく、ブラマジデッキ以外でも活躍できるが、次の能力を考えるとやはりブラマジデッキで使ってあげたい。

 

②このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから『ブラック・マジシャン』1体を手札に加える。

 

特殊召喚時に捨てた手札を簡単に補充できるサーチ能力。ブラマジデッキは師匠をサーチする手段が豊富であり、彼女が手札に来た時にはデッキに『ブラック・マジシャン』がいないってことが十分起こり得るので、『ブラック・マジシャン』を何枚投入するかはけっこう悩むんじゃなかろうか。ただ、他のカードに比べ明らかに彼女の能力は秀でているので、①と②の能力だけでも3積みする価値は十分あると考える。

 

③このカード以外の自分の魔法使い族・闇属性モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージの計算時のみ2000アップする。

 

①と②の効果だけでも十分強いのに、さらに『オネスト』効果まで持ち合わせていらっしゃるという意味不明さ。師匠に使えば攻撃力4500まで跳ね上がり、かの『青眼の究極竜』と相打ちまで持っていけるチートっぷり。フィールドに並べば抑止力になり、いなければいないで手札の彼女を常に警戒する必要があり、なかなかにいやらしい能力に仕上がっている。上で3積みする価値は十分あるとか書いたが、ブラマジデッキなら素直に3積みして下さいと言い直します。

いやぁ、改めて能力を見てみるとヤバイネ、このカード。冗談抜きで、

 

Vジャンプ特典で良かった。

 

切実に思う今日この頃。パックのシークレットとかになってたらやばい価格になってたんじゃないかと。都心部ではかなりの競争率だったそうだが、筆者は田舎なので労せず手に入れられたのはラッキーでしたな。まぁ、田舎は肝心のイベントに恵まれていないので、こういう時くらい得をさせてもらわないと割に合わんからのう……。

さて、ブラマジデッキには必須になるであろう『幻想の見習い魔導師』。皆さんは無事に手に入れられたであろうか? 皆さんのブラマジデッキに彼女が3枚入っていることを祈りつつ今回はここで幕を閉じさせて頂こう。

それではまた、次の記事でお会いしよう。