KUROJIIBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊戯道

俄か遊戯王カードコレクターです(苦笑)。遊戯王OCGとRPGツクールMVについて、勝手気ままに書き綴るブログです。新パック開封記事やレアカードの紹介、自作ゲームの進捗状況を主に書き綴っています。

第13話:Extra Pack 2016を5箱開封してみた

遊戯王

今回はタイトルの通り、昨日発売になった『Extra Pack 2016』の開封記事をお届けしたい。

このシリーズは海外先行テーマが多数収録されており、今回の『Extra Pack 2016』では、『Kozmo』、『壊獣』、『バージェストマ』の3つが海を渡って日本に上陸している。

いずれも強力なテーマであるが、筆者が個人的に注目しているテーマは、

 

バージェストマ。

 

これに尽きる。

相変わらずイロモノ好きな筆者は健在で、スターウォーズをパクッたような王道テーマの『Kozmo』には一切関心を示さず、ユニークな外見の古代生物が目白押しなマイナーテーマ『バージェストマ』の方に熱い視線を送るわけである。

ぶっちゃけ、他のテーマはどうでもいい。『バージェストマ』がたくさん当たれば筆者としては感無量だ。あと、単価が高そうな『Kozmo』のトップレア『ドロッセル』が当たってくれればコンプまでの道程がかなり楽になるので、ここも抑えておきたい。

あと、もう1つ忘れてはいけないのが、

 

世界大会入賞者に与えられる賞品カード……のレプリカ。

 

今回のパックでは2015年世界大会優勝者に贈られる『Kuzunoha, the onmyojin』と2位~4位入賞者に贈られる『Sakyo, Swordmaster of the Far East』の日本語カードがレプリカとして収録される(公式デュエルでは使えないという一文とReplicaという文字が表記されている)。

遊戯王コレクターとしては是非とも本物を手に入れたいところであるが、市場にほとんど出回らないのと、出回ったとしてもベラボーな値段が付くのでとても手を出すことができずにいる……。

世界大会賞品カードは筆者がこの世を去るまでに1つくらいは手に入れておきたい夢のアイテムであり、その中でも2009年と2015年は日本をテーマにしたカードなので、喉から手が出るほど欲しい。堪らなく欲しい。マジでどなたか売って頂きたい、良心的な価格で……orz

日本をテーマにしたカードは非常に好きなので、普段の筆者なら3箱に抑えるところを奮発して5箱購入したというわけだ。絶対に当ててやるぜ、『陰陽神クズノハ』と『極刀の武者 左京』を!!

さて、筆者の御託はこれくらいにしておいて、いざ剥かん! 『Extra Pack 2016』!!

バリバリバリバリバリバリバリイィィィっと、1枚1枚スリーブに収めながら開封しまくった結果を順番にご覧頂こう。

まずはこちら。

 f:id:kurojii:20160911140108j:plain

『Kozmo -ダークエクリプサー-』

 

今回のハズレ枠。予想通り、貴重なウルトラレア枠どころかシークレット枠まで縦横無尽に潰してくれやがりました。当たった枚数はシークレット1枚にウルトラレアが4枚……。KONAMIさんの悪意を感じる封入率です、はい。

お次はこちら。

 

f:id:kurojii:20160911140137j:plain

『Kozmo -ドロッセル-』

 

真打登場。単価・効果共に今回のトップレア。コンプを果たすためにシークレットが出て欲しかったが、残念ながら5箱開封してウルトラレアが1枚のみ……。冗談抜きでエクリプサーは死んで良し。正直、Kozmoは全然使う気がないので1枚で十分なのだが、トレード要員としてはなかなかの逸材なので、複数枚当たって欲しかった。

お次はこちら。

f:id:kurojii:20160911140018j:plain

『怒炎壊獣ドゴラン』

 

怪獣好きにはたまらない一品。筆者も怪獣は好きだが、カードゲームではどっちでもいいので完全にコレクション枠。シークレットが0で、ウルトラレアが1枚当たった。能力的に一度は使ってみたいカード。強烈なモンスター除去手段である生贄除去が出来るし、相手に壊獣が出ればノーコストでこいつを場に出すことが可能(しかも特殊召喚扱いなので通常召喚権を使わない)。カウンターが3つ揃えばサンダーボルトが撃てる。弱いわけがない。カウンターの貯めやすさとか、フィールド魔法がない場合の脆さについては実際にプレイしてみないとわからないが、興味をそそる一品なのは間違いなし。お互いが壊獣デッキなら文字通りの怪獣大決戦が楽しめること請け合い。ゴジラ好きな方は是非どうぞ。

お次はこちら。

 

f:id:kurojii:20160911135942j:plain

『バージェストマ・アノマロカリス

 

個人的な大本命。知っている人は知っているカンブリア紀最大の捕食者。エクシーズに3体のモンスターが要求されるが、ランク2とは思えないぶっ飛んだ能力を持っている。バージェストマシリーズはこのカードと『バージェストマ・オパビニア』以外は罠カードで構成されており、かつてのリシドを髣髴とさせるような罠デッキを作ることが可能。ただ、現環境だと普通に『ハーピィの羽箒』で一掃されかねないし、『ツインツイスター』などの複数除去手段が豊富なので、『スターライト・ロード』などの伏せカードを守る手段を入れておくと吉かもしれない。ガエルシリーズと相性がいい。今回の5箱開封でシークレットが2枚とウルトラレアが1枚当たった。個人的には大勝利と言えよう。

バージェストマのモチーフは『バージェス動物群』から取られており、今回収録された古代生物以外にも種類がたくさんいるので、今後の新カードに期待が持てる。

最後はこちら。

 f:id:kurojii:20160911135906j:plain

『陰陽神クズノハ』

 

やっと当たってくれやがりました。このカードはバージェストマより欲しかったので、感無量。最後の最後の3パック目で引き当てたときは思わず絶叫しちまいました。シングルカードではなく、自力でパック当てして手に入れたかったので、昨日の夜はいい気分で寝れました。エクストラシークレットのギラギラ感が素敵な1枚。これを引き当ててしまうと余計に本物が欲しくなる……。せめて、プレイマットだけでも欲しいと探してみたが、一時期はヤフオクでそこそこ出品されていたのが、今は0……。あの時買っておけば良かったと激しく後悔。ていうか、プレイマットだけで1枚20万前後してたんだから、躊躇しちゃっても仕方ないよね? ね?

そんなわけで、以上が開封結果でございやした。

残念ながら『極刀の武者 左京』は当たらなかったが、クズノハが当たったのは僥倖。個人的に久々の大勝利でございんした。皆さんの結果はどうだったのだろうか? 筆者と同じように勝利を収めることを祈りつつ、今回はここで筆を置こう。

それではまた、次の記事でお会いしよう。