KUROJIIBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊戯道

俄か遊戯王カードコレクターです(苦笑)。遊戯王OCGとRPGツクールMVについて、勝手気ままに書き綴るブログです。新パック開封記事やレアカードの紹介、自作ゲームの進捗状況を主に書き綴っています。

第4話:RPGツクールMVでゲームを作る

RPGツクールMV RPGツクールMV-自作ゲーム進捗

タイトルの通り、RPGツクールMVというゲーム作成ソフトを使って、趣味でゲームを作っとります。

と、のっけからカミングアウトしてみたものの、正直、

 

いつ公開できるか、わからん。

 

作っている当人が言うのだから間違いない。冗談抜きで完成は果てしなく遠い。

理由はいくつかあるが、最も困難な点はキャラクターデザイン。何せ、筆者は作画が大の苦手なので、こればっかりは自力ではどうしようもない。RPGツクールMVのソフトにサンプルがいくつか入っているが、筆者が作るゲームには使えないものばかり。絵が描けない筆者が納得のいくゲームを作るには、キャラクターデザインを第三者に委託するしかないのだ。

そこで、ドット絵制作依頼で検索をかけた結果、とある方のブログに行き着いた。その方は萌え系のキャラクターを中心にデザインをしているという(ブログで作者様のペンネームを出していいか承諾を得ていないので、今回の記事では伏せている)。筆者のゲームに登場するキャラクターに要求されるのは、ポケモンのようなかわいい系の作風なので、今回の依頼対象としてもってこいの逸材だ。

早速、その方に依頼のメールを出した結果、無事に快諾頂けたので、1ヶ月の制作期間でお願いすることにした。

お願いしたキャラクターは本作のヒロイン。参考となる資料を提供させて頂き(と言っても大したものはなかったが)、完成したドット絵がこちら。

 

f:id:kurojii:20160715122205p:plain

※画像の無断転載及び利用は一切不可

 

グゥゥレイト!と言う以外にない。少ない資料を元にここまで描けるのだから、イラストレーター(でいいのか?)の方々は本当に凄い。筆者では辿り着けない境地にいらっしゃるのだと感じた。

作者様のスケジュール調整が合えば、他のキャラクターやモンスターも描いて頂きたいと思っている。この記事を書いている時点で別の依頼を受けておられるので、次のデザインまでに時間を要するが、そこはゲームを作りながら気長に待たせて頂こうと思っている。

ん? キャラクターデザインを外部委託したんだから問題は解決しただろ、だって?

とんでもない。

問題はここからなのだ。

筆者が現在作っているゲームは、作風をポケモンのようなデフォルメにしつつ、女神転生シリーズのようなシリアスな世界観を目指している。要素が相反しているが、普通のゲームを自分で作っても面白くないし、完全に自己満足で作っているので、駄作が出来上がったとしても特に問題はない。

で、作っているゲームがポケモンメガテンなゲームとなると、確実に問題となってくるのがキャラクター数の多さ。最初期のポケモンレッド&グリーンですら151体のポケモンが収録されているし、今年発売された真女神転生4Finalの登場悪魔数は脅威の400体超。絵が描けない筆者にとっては、まさに絶望でしかない。キャラクター数の多さがこれらのゲームの魅力の1つなので、何とかしてそれなりの数は揃えたいと考えているのだが、キャラクターデザイン問題が立ちはだかっているせいで、完成までの道のりが想定以上に遠退いているというわけだ。

仮に今回作成を依頼させて頂いたイラストレーター様に1ヶ月1キャラクターのペースで描いて頂いたとしても、出来上がるのは1年で12体。目標を100体に抑えても単純計算で約9年かかることに……。もちろん、イラストレーター様は筆者以外の注文も当然受けているわけだから、年間12体の計算も甘い見積もりでしかない。最近ではPixiv等のコミュニティサイトでドット絵をアップしている方が増えているが、それらの画像を使うにしても作成者の方々に許可を頂かねばならないし、必ずしも筆者が作っているゲームの作風とマッチするとは限らない。

 

完成……するかなぁ……?(遠い目)

 

エターナらないようにブログでカミングアウトしてみたが、はてさてどうなることやら……。

とりあえず、進行状況は随時記事にしていく予定なので、面白そうだと感じたらコメント投下して頂けるとやる気が出る……かもしれない。

戦闘シーンの画像を次回にでもアップさせて頂こう。

それではまた、次回の記事でお会いしよう。